素材のこと

塗り壁【漆喰(しっくい)】のメリット・デメリット

家の印象は壁材でも第一印象が、がらりと変わります。壁材に塗り壁を考えている方も多いと思います。それは塗り壁ならではの風合いや質感が魅力だからともいえます。

ただ塗り壁といってもあまり特徴を知らず、どのようなものを選んでよいか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、塗り壁について紹介していきたいと思います。

■塗り壁とは?

塗り壁【漆喰(しっくい)】とは、環境にやさしく、職人の手仕事で表現される、深い味わいを持った左官仕上げの壁を、塗り壁といいます。自然素材を原料としているので、室内環境を健やかに保ちます。

まずはその素材のメリット・デメリットを知った上で、じっくりと考えて判断し、選ばれることが失敗しない方法だと思います。

■塗り壁【漆喰(しっくい)】のメリットは?

◎調湿性(夏のジメジメ感を解消!)

塗り壁【漆喰(しっくい)】は多孔質な素材のため常に呼吸をしています。湿気を吸収するので、湿度の高い夏はジメジメ感を解消し、サラっとした爽やかな空気をつくり、冬は外気温との温度差による結露が発生しません。

◎抗菌性(細菌を撃退、カビやダニの発生を防止!)

漆喰は強アルカリ性のため殺菌効果があります。結露を無くす調湿性能とのダブルパワーでアレルギーの原因となるカビ・ダニの発生を防止します。

◎吸着性(ホルムアルデヒドを吸着・分解!)

シックハウス症候群の原因のひとつであるホルムアルデヒドを吸着・分解し無害化します。漆喰の主原料である消石灰は強アルカリ性であり、空気中のホルムアルデヒドが漆喰に触れると消石灰のアルカリ分子と反応することでホルモースという種類に変化します。

■塗り壁【漆喰(しっくい)】のデメリットは?

×コスト(お金がかかる!)

ビニールクロスは、それ自体も貼り付けに必要な糊も化学合成で作られたものですし、また簡単に施工もでき安価です。
そのうえ、ある程度の知識と道具があればDIYでもビニールクロスを貼れるほど簡単に施工できます。けれども漆喰は自然素材のため、ビニールクロスと比較すると高額です。

×工期(手間・時間がかかる!)

漆喰は、施工当初は強いアルカリ性を持っていますので、石膏ボードに直接塗ってしまうと石膏ボードが傷んでしまいます。そのため、漆喰を塗る前には必ず下地処理を施すのです。そのうえ、糊を塗り一気に壁に貼り付けて仕上げるビニールクロスとは違い、漆喰はコテでていねいに仕上げていきますので、非常に手間と時間がかかります。

×メンテナンス(汚れると目立つ!)

漆喰は水分を吸う性質(調湿作用)があるので、特に水分による汚れは染み込んでしまうので、早めに処置をしないと汚れが落ちなくなってしまうので注意が必要です。また、内壁はよく触れるスイッチ廻りが手垢で汚れてしまいがちです。

しかし、もし汚れてしまった場合でも、汚れの種類や程度にもよりますが少しの汚れであれば消しゴムで簡単に取ることができます。細かい紙ヤスリで軽くこする方法や、中性洗剤を使い白い布で染み抜きをするような方法もあります。

■結論

塗り壁(しっくい)のメリットとデメリットについてでした。
やっぱり自然素材なので、それなりにデメリットもあります。

対してメリットは「調湿・抗菌・吸着」に尽きると思います。

塗り壁(しっくい)については『それぞれの価値観次第』です。
デメリットが気になる人は普通のビニールクロスが無難ですね。

それにしても、やっぱり塗り壁(しっくい)の柔らかな表情は本当に良いですね。

■YouTubeで紹介しています‼「簡単!塗り壁のお手入れ方法」