家づくりのこと

注文住宅の玄関をおしゃれにするポイントや気を付けるべき点を解説!

「注文住宅の玄関をおしゃれにしたい…」
「玄関の作りで気を付けるべきポイントはあるの?」
このようなことをお考えの方は多いのではないでしょうか?

本記事では以下についてまとめています。

注文住宅の玄関を作る際のポイント

注文住宅の玄関をおしゃれで機能的にするためのポイント
おしゃれな玄関が特徴的な注文住宅の実例

この記事を読めばおしゃれな玄関の特徴が分かり、素敵なデザインで機能性にも優れた玄関が作れますよ!

注文住宅の玄関によくある失敗例

注文住宅の玄関は完成して、住み始めてから後悔することが多い場所です。主に以下の7つが後悔ポイントとして挙げられます。
 

【注文住宅の玄関にでよくある後悔】

  • 【デザイン】ダサいと感じてしまう
  • 【照明】全体的に暗い
  • 【通気性】においがこもってしまう
  • 【広さ】思ったよりも狭い
  • 【収納】散らかってしまう
  • 【素材】汚れが目立つ

それぞれの後悔について事前に確認しておきましょう。

【デザイン】ダサいと感じてしまう

注文住宅の玄関で最も多い後悔はデザインについてです。

注文住宅では、キッチンや部屋の内装のデザインに力を入れる方は多いです。しかし、なかなか玄関のデザインまで力を入れる方が少ないのが現状です。

玄関の雰囲気は、以下のように様々な要素によって決まります。

 

【玄関のデザインを左右する要素】

  • ドアの素材(金属製・木製など)
  • 床の素材(タイル・大理石など)
  • 天井の広さ
  • ポーチの広さ
  • ドアの種類

玄関は、家に入って最初に雰囲気を感じる場所です。そのため、玄

【照明】全体的に暗い

注文住宅に住み始めてから、「玄関の暗さ」に不満を持つ人も多くいます。

照明で最大限明るくすることも重要ですが、よりこだわるべきなのは自然光を取り入れることです。

例えば、大きな窓をデザインとして設置することで明るく自然な雰囲気を演出でき、家に入った時のイメージが変わってくるでしょう。

【通気性】においがこもってしまう

玄関のにおいがこもってしまうことも大きな後悔ポイントです。主な原因は玄関の通気性ですが、これを注文住宅の設計段階で意識できている方は多くないのが現状です。

においを放置してしまうと、なかなか除去できなくなるだけではなく、靴ににおいが付着してしまうことも考えられるでしょう。

注文住宅では、においを防ぐために通気性を意識した設計を意識しましょう。

【広さ】思ったよりも狭い

玄関の広さは見落としがちな注文住宅の後悔ポイントです。特にお子さんがいる家庭や2世帯住宅の場合には、狭い玄関にしてしまうと使い勝手が悪くなってしまうでしょう。

また、狭い玄関はデザインとしても窮屈な印象を受けるため、あまり好ましくありません。広い玄関を作ることによって、開放感を演出でき、より満足度の高い設計にできるでしょう。

【収納】散らかってしまう

収納が少ないために散らかってしまうことも大きな問題のひとつです。玄関には以下のように、意外と置いておくべきものが多い場所です。

【玄関に収納しておきたいもの】

  • カッパ
  • 自転車
  • スリッパ
  • 子ども用のおもちゃ
  • 防災グッズ

 

【素材】汚れが目立つ

玄関の汚れは住み始めてからしばらくして気がつくことの多い、注文住宅の玄関における盲点と言えます。玄関と一言で言っても以下のように様々な要素があります。

【玄関を構成する要素】

  • 玄関ドア
  • 玄関
  • 収納棚
  • 天井
  • 照明

 

それぞれデザインも重要ですが、日常生活のことを考えると掃除のしやすさも大きなポイントとなります。

例えば、玄関の床に関しても、以下のように様々な素材を選ぶことができ、それぞれで掃除のしやすさに影響することが考えられるのです。

【玄関の床素材の例】

 

掃除のしやすさ

特徴

タイル

★★★★★

【悩み別!】注文住宅で理想の玄関を作るためのポイント

後悔しやすい場所が分かったところで、それぞれに対する対策を考えていきましょう。

この章では以下の問題ごとに対策を解説していきます。

【対策一覧】

  • 【デザイン】玄関ドアやデザインにこだわる
  • 【照明】適度に日光を取り入れる
  • 【通気性】空気の通り道を考える
  • 【広さ】家族の人数に合わせた広さにする
  • 【収納】収納スペースを設ける
  • 【素材】床は掃除しやすい素材にする

それぞれ見ていきましょう。【デザイン】玄関ドアやデザインにこだわる

最も後悔するポイントとして挙げられる「デザイン」は最初に意識したいポイントです。

以下の画像のように金属製のドアにするのか、木製のドアにするのかでも玄関の雰囲気が大きく変わります。

金属製のドアは重厚感やスタイリッシュな印象があり、耐久性に優れているのが特徴的です。一方で木製や木目調のドアは自然の温かみが感じられるため、ナチュラルな雰囲気を演出したい方におすすめです。

また、玄関ドアのデザインも慎重に選ぶことが大切です。こちらも以下の画像のように、華やかな雰囲気にするなら装飾のあるドアを、落ち着いた雰囲気にするならシンプルなドアを選ぶなど、玄関まわりの床や天井の色との相性などもしっかりと考えましょう。