間取りのこと

和室は本当に必要?メリット・デメリット

新築時に多くの方が悩むのが「和室をつくるべきかどうか」ということ。 今回は新築時の和室の必要性について考えてみましょう! まずは、よくある和室の使い方を紹介します。

■客間として

友人や親、親戚などが遊びに来た時などにおもてなしをする部屋。

テーブルと座布団を置いて応接室としたり、布団を敷いて泊まってもらうこともできます。来客が多い家庭では重宝するでしょう。

■お茶の間(リラックススペース)として

ゴロンと横になれるのが畳の和室の魅力。
い草の香りに包まれてゆっくりとリラックスすることができます。

■子供の遊び場として

畳は温かく柔らかいので、子供達が裸足で遊ぶスペースにもぴったり。
転んでしまったとしても柔らかいので怪我をしにくいです。

小さな赤ちゃんがいる場合は、ベビーベッドを置いてお昼寝することも出来ます。

■家事スペースとして

洗濯物を畳んだりアイロンをかけたりと、ちょっとした家事をするスペースにも。
和室には押入れという大きな収納スペースもあるので、アイロン台や荷物をすっきり収納しておくことも可能です。

次に、和室をつくる場合のメリット・デメリットを知りましょう。

<和室のメリット>

・いろいろな用途の使い方ができる
・い草の香りにはリラックス効果や空気清浄効果があり、気持ちが良い
・押入れがあり、収納スペースが大きくなる
・ふすまを閉めて独立スペースとすることができる
・畳は通気性がよく、湿度調整効果がある

<和室のデメリット>

・和室を作ることで他のスペースが狭くなってしまう可能性がある
・重たい家具を置くと畳に跡がついてしまう
・フローリングと比べて、畳を汚してしまった時の掃除が大変
・畳や障子などは、畳替えや張り替えなど定期的なメンテナンスが必要

 

いろんな使い方や効果があるのが和室の大きなメリット。
なかでも特に、リビングの横に和室を作り、普段使いや親が遊びに来た時用の客間としたいという意見が多いです。

しかし限られたスペースの中で和室を作ると、リビングやその他のスペースが狭くなってしまう可能性もあります。

年に数回の機会のために客間を作るのは、スペース的、コスト的に合うのだろうかという点も踏まえる必要があります。

家づくりの優先順位を明確にし、総予算と相談しながら検討するようにしましょう。

本当に「和室」が必要?

畳を置いたスペースや和の雰囲気の洋室でも良いのか?

じっくりとヒアリングをすると実は「和室」じゃなくても良い場合もあります。


理想と希望をしっかりヒアリングした上でのプランニングをおすすめします。